『多機能トイレ用自動ドアシステム』が「第7回キッズデザイン賞」を受賞致しました。

 バリアフリー化を背景に近年増加している多機能トイレは、車いすを利用される方だけでなく、子ども連れの方からも利用する機会が増え、自動ドアにも子どもからお年寄りの方までだれでも使いやすいことが求められています。
『多機能トイレ用自動ドアシステム』は、ユニバーサルデザインを取り入れた、多機能トイレの出入り口に適した自動ドアシステムです。
ボタンを点灯させ、次に押すボタンを案内する操作アシスト機能と、音声による案内を合わせる事で、従来の多機能トイレ用自動ドアではなしえなかった「分かりやすさ」「使いやすさ」に特化した自動ドアシステムを実現しました。

キッズデザイン賞では視認性、操作性が高く、子どもの力でも押しやすく、「ベビーカーを押しながら荷物を持っている場合でも非常に操作しやすい」と自動ドアシステムとして、子ども連れの多い施設や空間でのニーズを高く評価され、今回の受賞に至りました。


製品の詳しい内容は以下の製品バナーより、ご覧頂けます。
多機能トイレ自動ドア用ユニバーサルデザインスイッチ HDS-4i



■キッズデザイン賞審査委員による評価コメント:
視認性、操作性の高い多機能トイレ用ドアシステムで、子どもの目線、力での押しやすさにも対応している。ベビーカーを押しながら荷物を持っている際などにも非常に操作しやすく、子ども連れの多い施設、空間などでのニーズも高そうだ。

KIDS DESIGN AWARD※キッズデザイン賞とは(キッズデザイン協議会ホームページより引用)
次世代を担う子どもたちの健やかな成長発達につながる社会環境の創出のために、デザインのチカラを役立てようとする考え方のもと、「子どもたちの安全・安心に貢献するデザイン」「子どもたちの創造性と未来を拓くデザイン」「子どもたちを産み育てやすいデザイン」の3つの理念を実現し、普及するための顕彰制度で、社会的、文化的な見地から公正な評価を与え、子ども環境の高度化を図ることを目的としています。

ページの先頭へ