NEWS- 新着情報 -

2021-01-01

新春のご挨拶

皆様、あけましておめでとうございます。晴れやかな新春をお迎えのこととお慶び申し上げます。旧年中のご厚情に深く御礼申し上げますとともに、本年も変わらぬご厚誼のほどお願い申し上げます。

昨年はコロナに始まりコロナに終わったと言っても過言でない程、新型コロナウイルスが世界中で猛威を振るいました。英国を始め欧州数ヶ国また米国ではワクチンの接種が始まっていますが、日本に入ってくるにはまだ少し時間がかかりそうですね。国内では一時緊急事態宣言も発令されましたが、ロックダウンが何回も発せられた欧米諸国や中国と比べると、比較的緩やかな規制にとどまっています。日本に滞在する私の友人の外国人からは「日本に居て良かった。」という話をよく聞きます。理由は、日常生活をする上で、彼らの母国よりもはるかに自由で規制が少ないからということでした。たしかにそうだろうと思う一方、陽性者数がなかなか落ち着かず、このままで良いのだろうかと疑問に思うこともあります。何れにしても一日も早く収束することを願うばかりです。コロナが話題の中心となる一年でしたが、それ以外にもビッグニュースが多かったと思います。国内においては安倍前首相が病気を理由に辞任し、菅新首相が誕生しました。米国においてもバイデン氏が次期大統領当選確実となり、新たな体制で米国の国政が運営されようとしています。両政府ともまずはコロナ対策がメインのテーマとなるでしょうが、経済の立て直しも急務です。菅首相やバイデン次期大統領がリーダーシップを発揮し、両国のみならず世界中の国民が明るく豊かな生活を送れるよう期待したいものです。東京オリンピック・パラリンピックが延期されたことも大きな話題となりました。果たして今年は無事に開催されるのでしょうか?スポーツ好きの私としては是非開催して欲しいものですが、これもコロナ次第ということになりそうです。現時点では誰も分からず判断できない状況でしょうが、目の前でトップレベルのスポーツを観戦された方はお分かりの通り、これ程の興奮と感動はなかなか他では得られないと思います。個人的には目の前で見た2008年北京オリンピックで北島康介選手の金メダルや、一昨年のラグビーワールドカップの決勝の思い出は一生忘れることはないでしょう。東京オリンピック・パラリンピックが観客入場制限なしに開催され、多くの人たち特に子供たちに感動と勇気を与えて欲しいと切に願うばかりです。

昨年は難しい年でしたが、コロナ禍から得たり学んだりしたことも少なからずありました。Web会議をしたり、在宅勤務をしたり、新たな働き方のスタイルが本格的に導入された年でした。また私の師匠から教えていただいたことですが、通常であることの有難さを知った1年でもありました。マスクなしで大勢で肩寄せ合って、忘年会や新年会は今はできません。あたりまえだったことができないからこそ、逆にあたりまえの有難さを感じるのだと。そう考えるとコロナ終息後、以前のあたりまえを再びできることに、より感謝の気持ち持つことができるのだと思います。困難な状況でも前向きに考えることの大切さを学びました。

以上、コロナの話に終始しましたが、特殊な状況であるということからご理解いただければ幸いです。このような状況下ですが、本年も変わらずお客様本位の経営に全社で取り組んで参りたいと存じます。 結びに、本年が明るく豊かな年になるよう願うとともに、皆様方のご健勝と社業の発展をお祈りいたします。どうか本年もご指導ご鞭撻賜りますよう、よろしくお願い申し上げます。      
2021年 元旦